転職先が大学病院の場合は?

看護師転職 → 看護師転職-大学病院について

看護師転職-大学病院について

大学の医学部や医科大に附属している総合病院を「大学病院」といいますが、医師を目指している学生の教育だけではなく、看護師の教育の場でもあります。
看護師が転職する時に意外と落とし穴がある知人の紹介

一般の病院とは違って、大学病院は難病の患者や特定疾患の患者さんの対応が可能です。言わば、先進医療機関とも言えます。ですから、大学病院で看護師の仕事をするということは、一般病院では扱えない珍しい症例を経験することも少なくありません。

このような意味では、大学病院に勤務すると看護師のスキルアップにも繋げることができます。専門的研究に取り組めるのも大学病院ならではです。現代医療の最新設備が備わっていますし、最先端技術が取り入れられています。このため、医師のみならず看護師にとっても、価値ある職場だと言えるでしょう。

また、学ぶことが多いので勉強熱心なタイプでないと勤まらないでしょう。看護師に必要な一般的知識をそこそこ身につけておけばいい…という考え方の人には不向きな職場だと言えます。

実際に大学病院の看護師求人には、臨床経験が必須のところも少なくありません。大学病院で看護師をしていくということは、常に学ぶ意欲を持ち、それなりの知識と技術がなければ務まらないのです。

しかし、看護師の教育に力を入れている大学病院もあります。資格取得のサポートを目的とした充実した教育制度を設けているところもあります。このような大学病院でしたら、新人看護師であっても向上心があれば充分に務まりますし、スキルアップに最適な職場環境を得ることができます。

そして、気になるお給料ですが、基本給は一般の病院と大差ありませんが、大学病院勤務は手当ての種類が多いので、諸手当を含めるとトータルして高い給与を得ることができます。しかし、それだけに仕事もハードですし、勤務体系も不規則であることは覚悟していた方がいいでしょう。夜勤や土日出勤は当然あります。

大学病院勤務の看護師の多くは、同大学の卒業生です。このような傾向が強いため、大学病院の看護師求人は頻繁にみることはありません。かといって、大学卒業生でなければ雇用してもらえないということではありません。大学病院の看護師を目指すならば、マメに求人情報をチェックしながら情報収集することをオススメします。

看護師転職-介護施設について

介護老人保健施設や、特別養護老人ホーム、デイサービス等、介護施設と呼ばれるものには、入居の条件や保険適用の有無によって、様々な種類があります。上記の介護施設では、規定人数以上の看護師を配置することが法律により義務付けられています。

一般的に、介護施設における看護師の仕事は、入居されている方の介護、及び健康管理がメインとなります。介護施設の場合、医師が常駐していることはほとんどありませんので、入居者の方が服用される薬の取扱い・管理等は看護師が行なう事になります。

また、入居者の日常生活の支援も大きな役割です。食事や入浴の手伝いといった、介護業務の延長線的な仕事も行ないます。その他、施設の介護職員の方に対する研修等を行なう事もあります。

介護施設の求人では、給与や勤務体系は様々なパターンがあります。例えば特別養護老人ホームに入居している方は、要介護認定を受けていたり、障害を抱えている方が暮らしているため、看護師は24時間体制になります。ですから、当然夜勤も発生します。施設内で息を引き取られる方も多いので、看護師には昼夜問わないフレキシブルな対応が要求されます。

有料老人ホームのように、利用者の方が希望して入居できる施設の場合は、入浴やリハビリ支援等のサービスを行ないますが、基本的に夜勤等はありません。プライベートな時間をきちんと確保したい方にはお勧めと言えるでしょう。

介護施設においては、看護師と入居者の方はもちろん、施設で勤務する介護福祉士の方々との繋がりも深くなりますので、コミュニケーション能力も大切になってきます。

高齢者との触れ合いが好きな方はもちろん、介護福祉士の方と協力しながら、入居者の方が楽しく暮らせる環境を提供したいという方にとっては、大変やりがいがある職場と言えるでしょう。

前述のように、介護施設の勤務体系や給与は、施設によりかなり違ってきますので、しっかり情報を収集して、自分に合った勤務先を見つけるようにしましょう。